カードローンの新規貸付率の低さ

審査の通りやすいおまとめローン!?と思って銀行カードローンを申し込んだのに審査に落ちてしまって、落ち込んだ気持ちになる事はありませんか。

がっかりしないで下さい。銀行カードローンの新規貸付率は業態で最も低いのです。

銀行カードローンの新規貸付率を公表している会社は殆ど無いので、正確な数字はありませんが、新生銀行カードローンレイクの直近の新規貸付率が30パーセント前半と公表されていますので、他の業者でも20パーセント?30パーセント台であると推測できます。

サラ金大手のアコムの新規貸付率が40パーセント後半ですから、やはり消費者金融よりは劣ります。銀行カードローンの審査通過率は非常に低いので、おまとめローン目的で一気に大きな金額を借りようとしても審査に通らないことの方が多いです。

借入件数を2件以下、借入額を年収の半分以下くらいまで債務を減らして申し込まないと、大体落とされますので、銀行カードローンへの借り換え等を考えている人は、節制して債務を減らす事を第一に考えましょう。

 

通話料金などで活用される金融商品では配信情報などに着目

ローンを利用する方々には、様々な理由があります。例えば通話料金です。新規で携帯電話の契約をしたものの、その料金がかなり高くなるケースもあります。それでローンを利用する方を、たまに見られる訳です。

そして借りる以上は、やはり実行日などを確認する方が無難でしょう。いわゆる借入実行日です。

借りる商品である以上は、やはり支払いの期日があります。それに遅れると大変な事になりますので、日程などを確認するのはとても重要なのです。

そしてその商品の配信情報なども、アンテナを張っておくのが望ましいです。一部の金融会社では、最新情報などを随時リリースしています。それによって、思わぬお得な情報を得られるケースもあるのです。場合によっては、手数料を節約できる情報などを得られる事もあります。

ですのでローンを賢く活用したい時には、配信情報には注目をしておくのが良いでしょう。ちなみにそのような情報は、たいていは金融会社の公式サイトなどに明示されます。

 

緊急時にもスピーディーな融資が可能なアイフルグループ

借金には、たまに急ぎのニーズが生じます。いわゆる緊急時の借り入れなのですが、その場合は金融会社のスピードが重要視される事になるのです。

ところで人々は、しばしばアイフルグループを選んでいます。なぜならその金融会社には、スピードに関するメリットが見られるからです。

その業者の場合は、非常にスピーディーに融資を受けられる傾向があります。申し込みをしてから1時間前後で、融資を受けられるケースがほとんどです。状況によっては、30分前後で借りれるケースも見られます。ですので緊急時には、非常に助かる金融会社と見なされているのです。

ただし返済額によっては、書類に関して注意する必要があります。人によってはまとまったお金を借りたいと思う事もある訳ですが、ある程度高めな金額となると、特別な書類が必要になります。いわゆる給料明細が求められる事になるのです。

ですのでアイフルグループからまとまった金額を借りたい時には、手元に書類を準備しておくのも重要です。

 

ノーローンに関わる幾つかの憶測はホントか

ノーローンには、色々な憶測が飛び交っています。例えば収入証明書類に関する憶測があります。その会社から借りるとなると、収入証明書が不要との意見もあるのです。

それで本当にそれが不要になるか否か、気になる方も見られる訳ですが、ホントではありません。必ず不要になる訳ではありませんが、状況によって求められるのです。

というのもこの会社から多くのお金を借りるケースもあります。50万などで借りるとなると、証明書が必要なケースもある訳です。ちなみにそのような内容は、たいていこの金融会社の契約書に記載されています。

それと年金滞納者に関する噂もあります。滞納していると借りるのが難しくなるとの話がありますが、それもホントではありません。年金滞納は、融資商品とは全く別の問題です。滞納していれば年金会社から督促が来る事はありますが、ノーローンは全く別問題になる訳です。

このように世間の憶測の中には正しくない情報もあるので、注意が必要でしょう。